3日目<5>:世界遺産アンコールワット(Angkor Wat)、その1、2015年12月17日


ツアーでご一緒の方へ
お写真の配布手段としてここにアップしてあります。ダウンロード後、削除をご希望なら、お知らせしたメールアドレスにご連絡ください。削除します。
ーーーー
写真をクリックすると写真は大きくなります。
ーーーー
予定は、以下の通りだ。

12:20、ホテルに帰ってきた。昼寝して、午後は2:30にロビー集合し、アンコール遺跡第一人気の世界遺産アンコールワット(Angkor Wat)見学に行く。アンコールワットは、今回のツアーで8つ目の遺跡である。

★【アンコールワット(Angkor Wat)

アンコールワット見学後の感想を一言でいうと、「広大で観光客が多い」。「素晴らしい!」

西側から入る。西参道の入口。左の巨大なナーガ(多頭の蛇神)。ホントに巨大である。
151217_1372

右の巨大なナーガ151217_1373

広い西参道を歩く。左右は環濠(かんごう)。正面が入口の西塔門。
151217_1375

西塔門手前で右側に行き、木陰で説明を受けた。
151217_1378

★【アンコールワットの概略】

アンコールワットは東京ドーム42個分もあり広大。ひととおり見学すると3時間はかかるという話だ。

全体像(借用:出典)。緑の平原の中にある。周囲を堀(環濠 かんごう)で囲まれている。その中央に建物がある。
worldheritage73_1_20110905210115

以下(含・地図)の出典

12世紀前半にスーリヤヴァルマン2世が建立したヒンズー教寺院。後に仏教寺院に。
寺院を囲む濠(東西1.4km、南北1.3km)と参道、3つの回廊、5基の塔からなる。

151217 ワット

クラブツーリズムのくれたパンフレットから図を2枚かりた。
151217 ワット1

上図の中央祠堂(しどう)を含む赤枠が中心部で以下に示す。
151217 ワット2

★【アンコールワット(Angkor Wat)入る

右側の象の門から中に入った。ヒンズー教のヴィシュヌ神(手が8本)に袈裟をかけてまつる仏教は寛容(いい加減)。
151217_1380 151217_1383

ツアー客があちこちで説明を受けている。
151217_1385 151217_1386

さらに中央に向かう
151217_1388

カンボジア国旗の中央はアンコールワットです。現国旗は、1993年に制定された。
2

今日の早朝に朝日観賞をした池(聖池)を左に、歩く。
151217_1393

階段を上る
151217_1394

振り返る。入口は遠い。本殿に入る前だが、もう疲れた。
151217_1395 151217_1397

第一回廊のある大塔門
151217_5643

151217_5640

151217_1399

大塔門をくぐり第一回廊に入った
151217_5645
151217_1401

151217_1402

天井。赤色は昔の建立時のままの色だろうか?
151217_1405

151217_5648

この後、実は膨大な数の写真を撮った。見る人がウンザリするので大部分を省略した。

151217_5650

151217_5651-1 151217_5660

151217_5649

151217_5658

151217_5659