4日目<6>:オールドマーケット散策、2015年12月18日


ツアーでご一緒の方へ
お写真の配布手段としてここにアップしてあります。ダウンロード後、削除をご希望なら、お知らせしたメールアドレスにご連絡ください。削除します。
ーーーー
写真をクリックすると写真は大きくなります。
ーーーー

ツアーは終盤に近い。

午後4:45、街のショッピング・エリアのオールドマーケット散策に到着。これが見学の最後である。

午後4:50、「本日開店。大安売り」と日本語看板のある土産物店前で解散した。解散場所に午後5:45集合なので約1時間ほど自由時間である。

すぐに、土産物店の店主がみんなを集めてショッピングの解説を始めた。

「ここでは、すべての商品に値札がついていません。値段は交渉で決めます。また、本物と偽物が混在しています。絹のスカーフが1ドルで買えると思ってはいけません。それは明らかに偽物です。当店では、上質の製品は奥にあるので気軽に声をかけてください。そして、最後に、カンボジアの経済発展のためにぜひ皆様のご協力をお願いします。」

口上は上手である。しかし、商売は下手である。

値札がついていない製品を日本人ツアー客が買うとは思えない。値引き交渉に応じるといえ、言い値を先に示してくれなければダメだ。そして、カンボジア・クッキーみたいなお土産品を、2ドルと10ドルで用意し、店頭に置いてくれれば、旅の最後だし、日本のお土産に買っただろう。そういう配慮がまるでない。商売は下手だ。

街をぶらぶら歩く。
151218_6193

151218_6194

151218_6195

151218_6196

151218_6197

魚に足をつついてもらうマッサージ。
151218_6198

子供が屋台で食べ物を売っている。おいしそう?
151218_6199

ギャアー。黒いのはクモ? カニ? 茶色は何? 赤いのは蛇?
151218_1899

151218_1900

果物
151218_6200

果物シェイク屋さん。1杯1ドル。衛生大丈夫?
151218_1884

151218_1883

ジャックフルーツ(jack fruit)でしょうか。151218_1901

パブストリートに来ました。
151218_1887 151218_1888 151218_1889 151218_1897

オールドマーケットに突入します。
151218_1915

実際はココから入った。
151218_6201 151218_1903

狭い通路に商品が積まれ、熱気と臭いで独特の雰囲気である。カメラを向けても嫌がられない。観光客だからか、「いらっしゃい! 兄さん買ってきな!」的な声をかけてこない。

縫製コーナー151218_1904

フルーツ・野菜コーナー
151218_1905

151218_1907 151218_1908

フルーツの脇に海産物・鶏。だんだん生臭い臭いが鼻をつく。売り子は台の上に座っていて、客が前を通る方式だ。
151218_1906

生臭いコーナーに突入した。生きてる魚もいる。臭いと活気はこの手の庶民的アジアのマーケットでは共通だが、強烈である。
151218_1909 151218_1910 151218_1911

カバン、バッグ、服、雑貨なんでもある。写真を撮らなかった宝飾屋コーナーもあって、ここだけ、観光客だからか、どの店も、「いらっしゃい! お姉さん、お安くしときますよ!」的な声をかけてきた。
151218_1912

151218_1913 151218_1914151218_1916151218_1918

マーケットの前のアート・マーケット手前の広場で、5人のおじさんが、ダーカウという足でけるバドミントンをしていた。ベトナムで盛んらしい。
151218_1922

集合時間の17:45になると、ネオンもついた。
151218_1927