2日目<7>:アンコール・クッキー店、昼食(名物アモック付きクメール料理)、2015年12月16日


ツアーでご一緒の方へ
お写真の配布手段としてここにアップしてあります。ダウンロード後、削除をご希望なら、お知らせしたメールアドレスにご連絡ください。削除します。
ーーーー
写真をクリックすると写真は大きくなります。
ーーーー
 ★【アンコール・クッキー

午前10:37、ロレイ(Lolei)を出発し、?分ほど走り、日本人の小島幸子さん(マダム・サチコ)が経営する土産物店・アンコール・クッキー(Angkor cookies)に到着。

151216_0997

店内。腕が悪くブレた。
151216_0006

ビジネスカード
151216 クッキー1

店内においてあった漫画パンフの表紙
151216 クッキー2

店内は狭いので、外に出る。玄関から外を見る。左右にカフェ・プカプカ(Cafe Puka Puka)がある。
151216_0004

葉っぱの向こうにガイドのロンさん。
151216_0005

店の前庭。
151216_0007

サトウキビを絞ってジュースにしている。1杯2ドル。しかし、次の予定はレストランである。空腹こそ最高のソース。ここで飲食してはいけない。
151216_0998

店の前の道路(チャールズ・デ・ゴール通り )。
151216_1000 151216_1001

乗ってきたマイクロバス。
151216_1002

★【昼食(名物アモック付きクメール料理)

午前11:18、アンコール・クッキーを出発し、17分ほど走り、午前11:35、昼食の場所に着いた。オリエント・ダンコール・ホテル(Orient D’Angkor Hotel)のオッキディー・レストランだった。

ツアーの食事のレストラン名をガイドは通告しないし、案内書にも書いてない。とても分かりにくい。レストランのビジネスカードをもらった。
151216 オリエント・ダンコール・ホテル

オリエント・ダンコール・ホテル入口
151216_1014

下の写真はオッキディー・レストランのサイトから拝借。実際は11人が並べるテーブルの配置でした。
Orchidee0802

名物アモック。ピントが後ろになってしまった。修業が足りません。茶碗蒸しみたい。そこそこおいしい。以下は4人分です。
151216_1006

酢豚ではありません。肉が固いとのことで、玉ねぎ、人参、豆をいただきました。
151216_1010

なすとひき肉。柔らかくておいしい。まあ、固いなすはありませんが。
151216_1011

スープ。暑さで汗をかき、疲れた体に、おいしゅうございました。
151216_1012

本日午前の歩行数は2,808歩。

【クメール料理】

クメール料理は、多くの料理にプラホック (ប្រហុក) という発酵した魚のペーストを調味料として用いることで知られている。プラホックを用いないときには、代わりに発酵させたエビアミのペーストであるカピ(កាពិ, : pâte de crevette)を用いることがある。また、魚醤トゥック・トレイ (ទឹកត្រី)スープや炒め料理、つけだれに広く用いる。ココナッツミルクは多くのクメールカレーとデザートのベースになる。カンボジアではインディカ種香り米もち米が食べられ、前者は主食として、後者はデザートとしてドリアンなどの果物と合わせたり、ちまきの材料とする。ほとんどの食事は飯とともに食べられる。(カンボジア料理 – Wikipedia)。

★【アモック】

アーモック・トレイ (អាម៉ុក​ត្រី) – 魚(雷魚)とココナッツミルクとカレーペーストをバナナの葉で包んで蒸したもの。(カンボジア料理 – Wikipedia)。

以下は、「【カンボジア】まずは食べたい初級ローカル料理はコレ!『アモック』」から引用。

カンボジア『アーモック』画像

見た目はちょっとカレーっぽいですよね。
横に添えられたご飯と一緒に食べます。

ご飯にかけたところ。
カンボジア『アーモック』画像
ここで気が付かれた人もいると思います。
なんかボロボロしていますよね?
これ卵です。

イメージとしては、「茶わん蒸し」と思ってもらったほうがわかりやすいかもしれません。
それか、ツユが少ない親子丼か。
卵でとじているので、とてもやわらかな味になっています。

もともと味付けもやさしい味で、辛いものではありません。
ココナツの味などもきつくないです。
ですので、カンボジア料理初心者や、アジアの激辛料理やココナツ臭が苦手な人はピッタリです^^(【カンボジア】まずは食べたい初級ローカル料理はコレ!『アモック』