2日目<6>:トイレ、ロレイ(Lolei):クメール王朝最古のロリュオス遺跡群、2015年12月16日


ツアーでご一緒の方へ
お写真の配布手段としてここにアップしてあります。ダウンロード後、削除をご希望なら、お知らせしたメールアドレスにご連絡ください。削除します。
ーーーー
写真をクリックすると写真は大きくなります。
ーーーー
午前10:14、バコン(Bakong)を出発し、15分ほど走り、10:29、3つ目の遺跡・ロレイ(Lolei)に到着した。実は、ロレイの前に、途中で、トイレによったので時間がかかっている。ロレイではなくトイレです。遺跡ではありません。

★【トイレ
アンコール遺跡のあちこちに立派な建物のトイレがあった。APSARA(アンコール地域遺跡保護整備局)が2002年に設置したようだ。ここで、まとめておこう。

道路に標識がある。
151216_5228

トイレの建物が単体で建っている。平屋で大きい。入口は男女別。トイレは水洗。手洗いもある。内部はきれいである。ゴミは落ちていない。観光地の物売りはトイレの建物内に入れないルールのようだ。
151216_5227

別の場所のトイレ
151218_5891

遺跡に入る為のチケット(アンコールパス)がある外国人は無料。入場券がない外国人は2000リエル必要。カンボジア人は500リエル。徴収する窓口はあるが、窓口に係員は待機していない。
151218_5889-1

注意書きの横で水を売る人を一度だけみた。この人が係員?
151218_5889

男性用の小
151216_5308

男性用の大。ドアがある個室。
151216_5307

2つのタイプがある。日本でいう洋式。使用後、ご自分の部分を水洗するホースが見えます。
151216_5226

日本でいう和式。
151216_5309

建物の天井に給水タンクが設置してあった。水洗の水だと思われる。
151216_5306

★【ロレイ

ロレイ(Lolei)は、かつてロリュオスで栄えたハリハラーラヤの都の一部として建設された3つの寺院の最後のものであり、893年にクメールの王ヤショヴァルマン1世が、寺院をシヴァおよび王家の祖先に捧げた。「ロレイ」の名は、古代の名称である「ハリハラーラヤ」の現代の転訛であると考えられ、それは「ハリハラの都」を意味する。(ロレイ – Wikipedia)。

ロレイは、1つの基壇上に集まる4基の煉瓦の塔の祠堂により構成される。

まぐさやその他の砂岩の彫刻に描写された題材としては、ゾウのアイラーヴァタに乗っている天神インドラ、 マカラと呼ばれるヘビのような怪物、それに多くの頭を持つナーガなどがある。

小さな遺跡で建物は修復中だった。
151216_0996 151216_0995 151216_0994 151216_0992

修復中でも中に入れたので、中に入ると、中央にリンガ(男性器)があり。四方に水路が敷かれていた。写真では右と奥の二方しか見えないが、四方にある。
151216_0991

この角度なら、四方の水路がわかりますね。
151216_5232

ガイドさんの説明では、このデバダーの保存状態が一番よいとのこと。
151216_0989

実は上の写真、離れてみると、ここにあるんです。
151216_5229

パイプや足場をかいくぐっても、まだパイプが邪魔しました。
151216_5230

メチャメチャニに壊れたのもありますが、下は、そこそこ保存されていました。
151216_5233

遺跡の奥は、オレンジ色の法衣を来た仏教僧侶たちがいた・
151216_0988-1

帰りに遺跡の右手にある寺院に入った。ツアー客11人のうち他に1人しか入らなかった。外装は質素なのに、靴を脱いで入ると、内装はきらびやかである。
151216_5235

しかし、こんな妖艶な半裸体の美女が腰をくねらせる絵では、とても気になって修業ができません。煩悩が刺激され、妄想が膨らんで、耐えられません。色即是空? 一体どうなっているのだ?
151216_5236

全部の絵が妖艶というわけではありません。あたりまえですね。
151216_5237

151216_5238