4日目<5>:伝統工芸学校アーティザン・アンコール(Artisans Angkor)、2015年12月18日


ツアーでご一緒の方へ
お写真の配布手段としてここにアップしてあります。ダウンロード後、削除をご希望なら、お知らせしたメールアドレスにご連絡ください。削除します。
ーーーー
写真をクリックすると写真は大きくなります。
ーーーー

タ・プローム寺院で、10番目で最後のアンコール遺跡見学が終わった。ツアーの終盤に近づいてきた。

午後3:45、伝統工芸学校アーティザン・アンコール(Artisans Angkor)に到着。ここで、約1時間過ごした。

アーティザン・アンコール(Artisans Angkor)は、トリップアドバイザーの評価4.5で、シェム リアップのショッピングで 83 軒中 1 位である(アーティザン アンコール – トリップアドバイザー)。

物の質は良く、価格も高い。151218_6184

日本語で「ようこそ」と書いてある。151218_6185

151218_6186

ここに勤務している日本人女性が工房を説明してくれた。

この工房はシステムが素晴らしい。職のない人に技術を教え、地方の40数か所の作業場で働かせている。1,200人も働いているそうだ。障害者も受け入れ、現在、3%もいるそうだ。

アンコール遺跡の彫刻やレリーフもここで修復している。日本にも東京芸術大学に日本の寺院の建築・彫刻、伝統工芸品を維持発展させる組織を設けるべきだ。すでにある?

音楽だって、ピアノやバイオリンもいいけど、日本では、東京芸術大学で、琴・尺八や雅楽も維持発展させてください。

工房内は写真OKとのことである。

151218_1863

151218_1864

日本語で説明してくれた日本人女性はこの人である。日本の〇〇出身だそうだ。説明はとても上手である。
151218_1865

151218_1866

151218_1867

151218_1868

151218_1869

151218_1870

151218_1871

151218_1872

151218_1873

151218_1874

この3つは同じ人が彫ったのだが、顔の表情は微妙に異なる、と説明してくれた。
151218_1875

至近でジッと見つめられると、緊張しちゃうなあ。
151218_1877

絵を描く工房151218_6190

錫細工の工房。錫の丸い製品をヤスリで磨いていた。
151218_6188

金属を溶かす炉
151218_6189

工房見学が終わり、商品を売っている場所の前。首に巻いているショールの素材は絹製品で制作に3か月かかっている。値段は・・・ドルだそうだ。とても高い。
151218_1878

売り場入口151218_6183

商店内の撮影禁止は、あとで気が付いた。スミマセン。折角だから、撮った3枚アップします。店内はきれいです。
151218_1879

これ買いました。20ドル。
151218_1880

店内売り子のシャツの背。
151218_1881

疲れました。151218_6181
151218_6191